未熟な甲虫の呟き


書籍のご案内 電子書籍「撞着する積木」

撞着する積木(電子書籍)表紙
 
価格:\500+税
著者:那識あきら
表紙:篁ふみ
発行:パブリッシングリンク

あらすじ

進学校、楢坂高校の3年生・有馬志紀は、ある日、唐突に純潔を奪われてしまう。しかも相手は所属する化学部の顧問・多賀根。強引で一方的な行為だったが、多賀根が囁いた「好きだ」という言葉に惹かれるように、志紀は二度目、三度目と、彼の誘いに応じカラダを重ねていくが…。屈折した想いを抱える教師、純真無垢な愛を貫く女子高生、彼女にほのかな想いを寄せる幼馴染み…。すれ違い、嫉妬、三角関係ありの、官能学園ラブストーリー。(書誌情報より)

作者より

創作小説サイト「あわいを往く者」掲載「撞着する積木(プロトタイプ版)」の加筆修正版です。一〜六話のそれぞれにエピソードを追加、七話クライマックスにおいては15,000字を新たに書き下ろし、物語全体を再構築いたしました。
ケータイ向け配信サイトでの連載全七話を一冊にまとめておりますので、ラブシーン多めです。苦手な方はご遠慮ください。

主な配信サイト

目次&序盤試し読み

プロローグ
第一章 転轍
第二章 踏切
第三章 軌道
第四章 暗渠
第五章 隧道
第六章 折返
第七章 終点
エピローグ
 

   プロローグ

 
 網の目のごとく絡まる無数の枝が、天を掴もうとその梢を必死に広げている。
 暦ではようやく訪れた春も、まだここまでやって来てはいなかった。葉を落とした枝枝の向こう、筋雲に覆われた空がまるで薄汚れた天幕のようだ。
 空の灰色、木の幹の黒。そこに、ひらりと白色がひるがえった。大木の傍に、小さな、小さな、白い人影。
 その人は、木を見上げて立っていた。白衣の裾を風に遊ばせながら、彫像のように微動だにせず。
 有馬ありま志紀しきは思わず足を止め、その孤影をじっと見つめた。
  
 今日は、全県上げての公立高校の合格発表日だった。志紀は、母親と近所の幼馴染み親子とともに、ここ楢坂高校に受験結果を見にやってきていた。
 楢坂高校は、旧制中学時代に「一中」の名を冠していた名門校である。その栄えある一員に自分が加わることができた、という事実に、志紀はすっかり浮かれていた。担任に内申ギリギリだと脅されていた幼馴染みも無事合格し、更に舞い上がった志紀は、喜びを分かち合おうと、他の同級生の姿を探して一人正門のほうへと向かったのだった。
 だが、鼻歌を歌わんばかりの志紀の足取りは、傍らに嗚咽を聞いて、あっという間に重くなった。
 不合格だったのだろう、背を丸め、ハンカチで目を押さえた子が、親に抱えられるようにして校門へと急いでいる。
 志紀はごくりと唾を呑み込んだ。自分がどんなに浅はかなことをしようとしていたのか、ようやく気がついたのだ。
 そうっと振り返れば、先ほどの子と同様、失意に彩られた顔が幾つか、とぼとぼと坂をくだってくる。
 なんとなく、その場に立ち止まることすら憚られて、志紀は静かに道を逸れた。植え込みの中を通る小路を辿り、正門とは逆の方角へと向かう。校舎をぐるりと迂回して戻ろうと、歩みを進める志紀の前に、天に広がる見事な枝ぶりの大木が姿を現したのだ。
  
 白衣を着ているということは、この学校の生徒か先生か。一体何を見ているのだろうか。好奇心から、つい志紀の足が止まる。
 と、気配に気づいたのか、その人が志紀のほうを向いた。眼鏡が薄曇りの空を映して銀色に光る。
 会釈をして踵を返したその背中が、何故かやけに物悲しく見えて、知らず志紀は一歩を踏み出していた。
「あの……!」
 志紀の、肩のところで切り揃えられた髪が、風に煽られて頬を打つ。彼女は手で頭を押さえながら、もう一歩進んだ。
「……なんだね」
 よく通る、低い声だった。人前で話すことに慣れているのだろう、そう思わせる声だった。
 何故この人を呼び止めたのか自分でも分からないまま、志紀は咄嗟に思いついた言葉を口にした。
「あのう、この木、なんという木ですか」
「ミズナラだ」
 素っ気ない返答ではあったが、その人は志紀のほうへと身体を向けた。
「あ、もしかして、それで、『楢坂』と……」
「そうらしいな。江戸の昔からここにあるとのことだ」
 この辺りの地名の由来について、志紀も耳にしたことがあった。この木がそうなんだ、と、畏敬の念を込めて頭上を見上げる。
「ずっと見守ってくれているんですね」
「どうだか」
 理知的な表情の奥から不意に漏れた嘲笑に、志紀は驚いて息を呑んだ。
「毎年毎年、延々と同じことの繰り返しに、いい加減辟易しているかもしれないな」
 なんと返せば良いのか分からずに、志紀は無言で立ち尽くす。
 その時、背後から志紀の名を呼ぶ声がした。
「あー、いたいた。お前、こんなところで何してんだよ。おばさんが探してるぞ」
 校舎の角をまわり込んできた幼馴染みに「今行く」と返答してから、志紀はもう一度その人のほうを振り返った。
 白衣の背中が、校舎へと吸い込まれていくところだった。
  
  
「ねえねえ、何か部活する?」
「えー、まだ悩んでるとこ」
 四月も中旬を過ぎ、高校生活が軌道に乗り始めると、教室のあちこちでこんな会話が交わされるようになってきた。
「昨日、運動部のあたりをチラッと見てきたんだけど、先生が皆カッコイイんだよね」
「でも、ハードなのはやだなあ。疲れないところがいいわー」
「練習とかしなくていいって言ったら、文化系?」
「でも、文化系といっても、オケとか芸術系は練習あるよー」
「じゃあ、勉強系だ」
「そうだ、化学部も、先生ステキだよね」
「けど、部活でまで勉強はないわー」
「あ、じゃあ、料理部とかどう? 先生、オジサマって感じで渋かったし」
「って、マジで先生で選ぶわけ?」
 かしましい会話から少し離れて、志紀はぼんやりと窓の外を眺めていた。南校舎の更に向こう、若葉を揺らす大きなミズナラの木を。
「ねえ、有馬さんは何か部活決めた?」
 突然話題をふられて、志紀は思わず口籠もった。「わ、私?」
「そうそう。何かやりたいこととか興味のあることとかある?」
「うーん、やりたいこと、ねぇ……」
 ミズナラの木を見上げる、酷く醒めた眼差し。
 あの人が化学の先生だということを、志紀は入学式で知った。
 ――あの時、先生は一体何を思っていたのだろうか。何故、あんなにも寂しそうな背中をしていたのだろうか……。
「……興味のあること、か……」
  
  
 志紀が化学部に入ったのは、その会話から二日後のことだった。
 既に理系進学を心に決めていた志紀は、部活にも真面目に出席し続け、二年の時には、なんと部長という大役をおおせつかることとなる。
 そして迎えた三年目の夏、志紀の人生は彼女が思ってもいなかった方向へと大きく向きをたがえるのだった。